インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

小林千登勢氏(女優)

2003年11月26日 多発性骨髄腫により逝去

小林 千登勢(こばやし ちとせ、本名:山本 千登勢(やまもと ちとせ)、1937年2月13日 - 2003年11月26日)は、日本の俳優/女優。夫は山本耕一_(俳優)/山本耕一。愛称は「おっかさん」。
日本統治時代の朝鮮/朝鮮京畿道 (日本統治時代)/京畿道京城府(現:大韓民国ソウル特別市)生まれ。戦後に福岡県八幡市 (福岡県)/八幡市(現:北九州市八幡東区)に引揚者/引き揚げ、後に東京へ移る。
共立女子中学高等学校/共立女子高等学校卒業後、文学座の研究生となり、1958年にNHKと専属契約を結ぶ。、馬渕晴子と冨士眞奈美と合わせて「NHK三人娘」と呼ばれ、テレビ草創期のスターとなった。
1965年、俳優の山本耕一と結婚。
1972年、一人娘・麻利央を出産。
フリーとなってからもテレビを中心に活躍し、1986年からは『おはようワイド・土曜の朝に』では3年2か月司会を務め、『象印クイズ ヒントでピント』では14年間レギュラー解答者として出演する。気さくで飾らない人柄から「おっかさん」と親しまれた。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら