インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

花房秀三郎氏(ウイルス学者)

2009年3月15日 肝不全により逝去 ニュースソース

花房 秀三郎(はなふさ ひでさぶろう、1929年12月1日 - 2009年3月15日)は日本のウイルス学者。アメリカ合衆国:ロックフェラー大学名誉教授、大阪バイオサイエンス研究所名誉所長。
ニワトリにがんを起こす「ラウス肉腫ウイルス」を使った研究で、正常な細胞の中にがん遺伝子の原形が存在し、それをウイルスが取り込み、がんを引き起こす遺伝子(がん遺伝子)に作りかえることを実証した。また、複数のがん遺伝子に共通する構造も見つけた。がんは細胞の遺伝子変異で起きるという発がんの基本的な概念を確立した。29年 12月1日 兵庫県生まれ。48年 私立甲陽中学(現在の校名は甲陽学院中学校・高等学校)卒。大阪府立浪速高等学校に進学。50年 大阪大学理学部化学科入学53年 大阪大学理学部卒業、大阪大学微生物病研究所を経て、1961年に渡米。カリフォルニア大学、コレッジ・ド・フランス実験医学研究所、ニューヨーク公衆衛生研究所を経て60年 大阪大学より理学博士 学位論文「感染力を失なった動物ウイルスの種々の生物学的活性」

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら