インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

山下一海氏(俳文学者)

2010年2月15日 肺炎により逝去 ニュースソース

山下 一海(やました かずみ、男性、1932年3月7日 - 2010年2月15日)は、日本の俳文学者、鶴見大学名誉教授。
福岡県福岡市生まれ。幼時から両親の影響で俳句に親しみ、小学校上級から中学にかけて句作に熱中した。やがて句作からは離れたが、早稲田大学文学部国文学科卒、大学院で近世文学を専攻。
成城大学短期大学部助教授、鶴見大学文学部国文科教授を務めた。著書は多く、松尾芭蕉、与謝蕪村など近世俳人についての研究、評論が多い。
2010年2月15日、逝去。
*中興期俳諧の研究 加藤暁台/暮雨巷暁台 桜楓社 1965
*芭蕉の論 桜楓社 1976
*蕪村の世界 有斐閣 1982.11
*芭蕉の世界 角川選書 1985.7
*与謝蕪村 戯遊の俳人 新典社(日本の作家) 1986.2
*俳句・そのこころ 日本放送出版協会(NHK市民大学) 1988.7
*昭和歳時記 角川選書 1990.5
*芭蕉と蕪村 角川選書 1991.3
*俳句で読む正岡子規の生涯 永田書房 1992.3
*芭蕉と蕪村の世界 武蔵野書院 1994.7
*芭蕉百名言 富士見書房 1996.6
*見付けぬ花 知られざる芭蕉の佳句 小沢書店 1997.7

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら