インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

中山典之氏(囲碁棋士)

2010年2月16日 脳梗塞により逝去 ニュースソース

中山 典之(なかやま のりゆき、1932年9月3日 - 2010年2月16日)は、囲碁のプロ棋士 (囲碁)/棋士。長野県上田市出身。日本棋院東京本院所属。1951年、長野県上田高等学校/長野県上田松尾高等学校卒業中山典之『囲碁の世界』65頁、著者紹介より。1953年、鈴木五良八段に入門。1962年入段。1992年六段に昇進。
アマチュア出身であり、入段が遅かった。タイトル戦などには縁がなかったが、文才に長け、『実録囲碁講談』『囲碁の世界』など囲碁界に関する多数の著作がある。またライターや編者としての100冊以上の棋書の編纂を行った『囲碁の世界』著者紹介(1994年4月5日第18刷より)。アマチュアへの指導に高い評価がある。また、ほぼ毎年海外に出て、囲碁の普及に努め、その功労により、平成8年度普及功労賞、平成16年大倉喜七郎賞受賞。
若い頃は名記録係といわれ、読売新聞の観戦記者である山田虎吉/山田覆面子に重用された。
シチョウ/珍瓏の名手であり、代表作の1つである「ハート」は世界中の囲碁愛好家に知られている。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら