インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

吉岡治氏(作詞家)

2010年5月17日 逝去 ニュースソース

吉岡 治(よしおか おさむ、1934年2月19日 - 2010年5月17日)は、日本の作詞家、放送作家である。日本作詩家協会副会長。旧ペンネーム/筆名は「吉岡オサム」。
1934年2月19日、山口県出身。東京都で育った。文化学院卒業。
1953年に詩人のサトウハチローの門を叩き、弟子となる。作詞家としてのデビューは『鳩笛ならそか』(1956年)。
1965年の松竹映画『悦楽』(大島渚監督)の主題歌『悦楽のブルース』(歌唱:島和彦)の作詞を手掛けて以降、本格的に作詞家として活動し歌謡曲、童謡、アニメソングなど幅広いジャンルの作品を世に送り出した。
放送作家としても活動し、1968年から1971年にかけて東京放送ホールディングス/東京放送にて放送されていたラジオ番組『夜のバラード (東京放送)/夜のバラード』の番組構成と詩を担当していた『詩集 夜のバラード』(サンリオ山梨シルクセンター出版部刊、1970年)あとがき〈詩〉のすすめ参照。

ウィキペディアより)

琵琶湖水域圏の可能性-里山学からの展望- エネルギー・化学プロセスにおける膜分離技術 ドイツ研究 第48号 SWITCH Vol.30 No.2 特集:ソーシャルカルチャー ネ申コラボ1oo エレクトーンで弾く 演歌1 近代国家形成の諸問題 (1979年) BIO Clinica (バイオ クリニカ) 2013年 04月号 [雑誌]

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら