インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

豊田正子氏(作家)

2010年12月9日 閉塞性黄疸により逝去 ニュースソース

File:Toyoda Masako.jpg/thumb/200px/1948年
豊田 正子(とよだ まさこ、1922年11月13日 - 2010年12月9日 「綴方教室」の作家・豊田正子さんが死去 読売新聞 2011年2月7日閲覧)は、日本の随筆家。
東京本所区/本所https://kotobank.jp/word/%E7%B6%B4%E6%96%B9%E6%95%99%E5%AE%A4-1186549 綴方教室 平凡社世界大百科事典 コトバンク(現・墨田区)の貧しい職工の家に生まれ、四つ木(現・葛飾区)で小学生時代を過ごした 「綴方教室」のまちPR 故豊田正子さん「顕彰の標」 東京新聞。
小学4、5年生の頃、鈴木三重吉の綴方指導の影響を受けた教師・大木顕一郎らの指導で書いた作文が、『綴方教室』に収められて刊行されるとたちまちベストセラーになり、映画化もされ、本人の朗読による朗読レコードも発売された。その頃、正子はすでに小学校を卒業して女工になっていたが、『婦人公論』に創作を発表、20歳を迎えた戦時中には中国視察に派遣され、『私の支那紀行 清郷を往く』(1943年)を発表した。1945年の東京大空襲では弟を亡くす。

ウィキペディアより)

新編 綴方教室 (岩波文庫) 粘土のお面 おゆき 綴方教室 生かされた命―リハビリを受けながら 綴方教室 新編 綴方教室 山びこ学校 (岩波文庫)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら