インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

大谷藤郎氏(元厚生官僚)

2010年12月7日 逝去 ニュースソース

大谷 藤郎(おおたに ふじお、1924年3月27日 - 2010年12月7日 【訃報】大谷藤郎氏(国際医療福祉大学長) - MSN産経ニュース)は、日本の元厚生労働技官/厚生官僚(テクノクラート)、大学教授。精神障害者やハンセン病患者の人権保護・待遇改善に積極的に取り組み、1993年には世界保健機構/WHOからレオン・ベルナール賞を授与された。国際医療福祉大学初代学長。
1924年3月27日、滋賀県に生まれる。1952年(昭和27年)、京都大学医学部卒業(在学中は小笠原登に師事)。1959年(昭和29年)、旧厚生省に医系技官として入省した。
入省後は、1962年(昭和37年)から精神衛生課に勤務し、全国精神障害者家族会連合会(略称・全家連、2007年破産・解散)の創設支援、1965年(昭和40年)の精神衛生法の改正などに携わった。また、1972年(昭和42年)に国立ハンセン病療養所課長に就任すると、ハンセン病入所者の生活環境改善に取り組んだ。
その後、厚生大臣官房審議官、公衆衛生局長、医務局長を歴任し、1983年退官。

ウィキペディアより)

証人調書〈1〉「らい予防法国賠訴訟」大谷藤郎証言―国や私どもが長年にわたって患者さん方を追い込んだ責任というものを私は感じる次第です (皓星社ブックレット) 医の倫理と人権―共に生きる社会へ 現代のスティグマ―ハンセン病・精神病・エイズ・難病の艱難 (勁草 医療・福祉シリーズ) らい予防法廃止の歴史―愛は打ち克ち城壁崩れ陥ちぬ (勁草-医療・福祉シリーズ (66)) 消えた山 一樹の蔭 (1982年)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら