インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

日下圭介氏(推理小説作家)

2006年2月12日 誤嚥性肺炎により逝去

日下 圭介(くさか けいすけ、1940年1月21日https://kotobank.jp/word/%E6%97%A5%E4%B8%8B%E5%9C%AD%E4%BB%8B-1071407 日下圭介(くさか けいすけ)とは - コトバンク - 2006年2月12日 会員名簿 日下圭介|日本推理作家協会)は、日本の小説家、推理作家。江戸川乱歩賞作家である。
和歌山県に生まれる 遠すぎた終着 下山事件四十七年目の夏/日下 圭介 - 本:hontoネットストア。1962年早稲田大学商学部出身。1975年、朝日新聞社整理部記者であった時に応募した『蝶たちは今…』が江戸川乱歩賞を受賞。1982年に『木に登る犬』および『鶯を呼ぶ少年』が日本推理作家協会賞を受賞。1984年から作家業に専念。
初期の作風は中間小説的な推理小説であったが、1980年代後半から『黄金機関車を狙え』『チャップリンを撃て』など昭和初期の歴史に題材をとってミステリーを多く執筆する。
2006年2月12日、誤嚥性肺炎のため千葉市の病院で死去。享年66。
*『蝶たちは今…』 講談社 1975 のち文庫
*『悪夢は三度見る』 講談社 1976 のち文庫
*『花の復讐』 講談社 1977 のち文庫

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら