インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

高木文雄氏(官僚)

2006年2月14日 逝去

高木 文雄(たかぎ ふみお、1919年(大正8年)4月6日 - 2006年(平成18年)2月14日)は日本の大蔵省/大蔵官僚。大蔵事務次官、弁護士、日本国有鉄道(国鉄、現JR)総裁等を歴任した。位階勲等は従三位勲一等。
*東京市に三井物産社員の高木雄次郎・ハルの子として生まれる。
*慶應義塾幼稚舎、慶應義塾普通部/普通部(旧制)から浦和高等学校 (旧制) /旧制浦和高等学校を経て、
*1943年 - 東京大学/東京帝国大学法学部を卒業、大蔵省に入る。
:入省同期に、山下元利、谷川寛三、橋口収など。
*1967年 - 大阪国税局長
*1971年 - 大蔵省主税局長
*1974年 - 財務事務次官/大蔵事務次官
*1975年 - 退官
*1976年 - 日本国有鉄道/国鉄総裁就任
*1983年 - 同上辞任
*1984年 - 横浜みなとみらい21(横浜市の第三セクター)社長
*1995年 - 同上退任
*2006年 - 2月14日死去 享年86

ウィキペディアより)

漱石の命根 (1977年) 漱石文学の支柱 (1971年) 漱石の道程 (1972年) 国鉄ざっくばらん―“赤字の王様”のひとりごと (1977年) (V-books)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら