インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

児玉輝代氏(俳人)

2011年9月23日 胃がんにより逝去 ニュースソース

児玉 輝代(こだま てるよ、1926年7月23日 - 2011年9月23日 俳人の児玉輝代さん死去 - MSN産経ニュース)は、俳人。俳誌「家」元代表。
愛知県生まれ。森澄雄、岡井省二に師事。「杉」「槐」を経て、2001年10月、加藤かな文らと「家」を創刊。同誌創刊号より、「折々歳時記」と題したエッセイを連載していた。
1977年、作品「段戸山村」にて第23回角川俳句賞を受賞。1979年、豊田芸術選奨を受賞。
2011年9月23日、胃がんのため死去。85歳没。なお、死去にともない「家」代表は加藤かな文が引き継いだ。
*
*
*
*
*

* 児玉輝代作品をめぐって(句集『天穹』ほか) - 俳句工房[ZA]
* 雨ながら浮巣見たくて付いてゆく 児玉輝代(神野紗希による一句鑑賞 - スピカ)

Category:20世紀日本の俳人
Category:21世紀日本の俳人
Category:日本の女性俳人
Category:愛知県出身の人物
Category:1926年生

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら