インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

土屋隆夫氏(推理作家)

2011年11月14日 心不全により逝去 ニュースソース

土屋 隆夫(つちや たかお、1917年1月25日 - 2011年11月14日 時事ドットコム:土屋隆夫氏死去(作家))は、日本の小説家・推理作家。
長野県北佐久郡立科町芦田出身。中央大学法学部卒業。
大学を卒業後、化粧品会社(ミツワ石鹸)、映画配給会社宣伝部に勤務した。第二次世界大戦/第二次大戦後、郷里の長野県に戻り、小劇場の支配人を勤めたのち、立科町立中学校の教諭となる。
推理小説を執筆する以前には、演劇に傾倒した。真山青果の戯曲を暗誦するまで読み込み、自身も戯曲を執筆した。松竹歌舞伎研究会が主催した新歌舞伎脚本の募集に応募し二席入選を果たしている。ただし、この作品は実際の上演には至らなかった。
江戸川乱歩の評論「一人の芭蕉の問題」を読んだことがきっかけで推理小説の執筆を志した。
文学への関心が高く、デビュー以来論理的な謎解きと文学性の融合を目指した作品を書き続けた。また、「芥川龍之介の推理」や「泥の文学碑」、「川端康成の遺書」など、実在する文学者・文学作品を題材にした作品もある。

ウィキペディアより)

土屋隆夫推理小説集成〈1〉天狗の面・天国は遠すぎる (創元推理文庫) 盲目の鴉 千草検事シリーズ [新装版] ―土屋隆夫コレクション (光文社文庫) 不安な産声/華やかな喪服―土屋隆夫推理小説集成〈5〉 (創元推理文庫) 不安な産声[新装版] (光文社文庫) 物狂い (光文社文庫) 判事よ自らを裁け (角川文庫) 影の告発―千草検事シリーズ 土屋隆夫コレクション (光文社文庫) 人形が死んだ夜 (光文社文庫)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら