インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

吉武輝子氏(評論家)

2012年4月17日 肺炎により逝去 ニュースソース

吉武 輝子(よしたけ てるこ、1931年7月27日 - 2012年4月17日)は日本の作家・評論家。
兵庫県芦屋市出身。慶應義塾大学卒業後、東映に入社。宣伝部で活躍し、日本で初めての女性宣伝プロデューサーとなる。1968年婦人公論読者賞受賞。フリーとなってから以後は、生涯を通してフリーであった。
1977年、第11回参議院議員通常選挙に全国区から無所属で立候補するが落選している。
夫は大学時代の演劇部仲間の宮古勝治。娘は宮子あずさ。
2012年4月17日、肺炎のために死去 吉武輝子さん死去…女性問題中心に評論活動 読売新聞 2012年4月17日閲覧。
*あしたのOG像 文理書院, 1967.
*青春を生きる! 1968. 三一新書
*生きるあかしを求めて 私の愛と性の真実 実業之日本社, 1971.
*『結婚が変わる 自立する正と性』(1972年、大和書房)
*キミたち女のコ サニー出版 1973 サニーブックス
*子どもたちへのおくりもの ひとりで生きるために 第三文明社, 1974 灯台ブックス
*おんなのことは天下国家のことなのだ 櫂書房 1977.6. Books おんな
*結婚ってなあに ルック社, 1977.5.

ウィキペディアより)

“戦争の世紀”を超えて―わたくしが生きた昭和の時代 病みながら老いる時代を生きる (岩波ブックレット NO. 717) 夫と妻の定年人生学 (集英社文庫) 死と生を見すえて―娘あずさへの手紙 死ぬまで幸福でいるための12ヵ条 定年後の人生 (岩波ブックレット (No.432)) 万病息災―老いても病んでも「元気」でいるコツ 女三十五歳からの生き方―愛・仕事・人生

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら