インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

亀井節夫氏(古生物学者)

2014年5月23日 敗血症ショックにより逝去 ニュースソース

亀井 節夫(かめい ただお、1925年12月25日 - 2014年5月23日 亀井節夫・京大名誉教授が死去 ナウマン象博士 朝日新聞 2014年5月24日)は日本の古生物学者。野尻湖でのナウマンゾウの発掘などに関わった。父親は海軍少将の亀井凱夫。伯父(凱夫の実兄)は社会大衆党議員で元外交官の亀井貫一郎。叔父(貫一郎と凱夫の義弟)の毛里英於菟(ひでおと)は、大蔵省と企画院の官僚で、迫水久常などと並ぶ革新官僚の代表格。
神奈川県出身。1949年東京大学大学院理学系研究科・理学部/東京大学理学部卒業。1950年信州大学文理学部助手、1961年「日本列島のデボン系の研究」で北海道大学博士(理学)/理学博士。1956年信州大学講師、62年助教授、1963年京都大学大学院理学研究科・理学部/京都大学理学部助教授、66年教授、1989年定年退官、名誉教授、信州大学理学部教授、1992年~1999年徳島県立博物館館長 デジタル版 日本人名大辞典+Plus 神谷英利「亀井節夫先生のご逝去を悼む」『化石』。京都大学名誉教授。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら