インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

大谷晃一氏(作家)

2014年5月25日 老衰により逝去 ニュースソース

大谷 晃一(おおたに こういち、1923年11月25日 - 2014年5月25日)は、作家、評論家、帝塚山学院大学名誉教授・元学長。
大阪府生まれ。関西学院大学法文学部卒業後、朝日新聞社入社。大阪本社学芸部次長、編集委員を歴任、その間の1971年、「続関西名作の風土」で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。1979年、帝塚山学院大学教授就任。1997年には、同大学の学長に就任。2001年に退官後、同大学名誉教授となる。大阪を中心とした伝記/伝記文学、歴史小説、近代日本文学研究で著書多数。『大阪学』シリーズはロングセラーで、個別都市学もののさきがけとなった。また、沖積舎から『大谷晃一著作集』全6巻を刊行。帝塚山学院大学学長在任中の1999年10月から2007年頃までは、MBSテレビ平日午後の情報番組『ちちんぷいぷい (テレビ番組)/ちちんぷいぷい』に、「ぷいぷい顧問団」(コメンテーター)の一員として出演していた。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら