インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

出光佐三氏(経営者)

1981年3月7日 逝去

出光 佐三(いでみつ さぞう、1885年8月22日 - 1981年3月7日)は、明治から戦後にかけての日本の実業家・石油エンジニア・海事実業家。石油元売会社出光興産の創業者。貴族院 (日本)#勅任議員/貴族院多額納税者議員。
神戸高等商業学校/神戸高等商業学校(現・神戸大学)で水島銕也校長に師事し「士魂商才」の理念に感化を受ける。内池廉吉教授の「商業概論」の講義で受けた「商売は金儲けではない」との教えから、1940年に出光興産創業後、大地域小売業を展開した木本正次『士魂商才の経営者出光佐三語録』。
弟・出光計助は1966年10月から1972年1月まで第2代社長。長男・出光昭介は1981年6月から1993年5月まで第5代社長。主に九州でガソリンスタンドを展開する新出光(資本関係は無かったが出光本体への出資が2005年に決定)の創業者・出光弘とも兄弟関係にあった。
新出光社長の出光芳秀は甥にあたる。甥の妻が推理作家の夏樹静子である。
佐三は故郷である福岡県宗像市に在る宗像大社を厚く信仰していた事で知られている。

ウィキペディアより)

出光佐三氏のお墓(神奈川県鎌倉市 東慶寺)

※ピンの位置は目安です。参拝の際は必ずご自身で詳細な場所をお確かめください。

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら