インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

島津忠夫氏(国文学者)

2016年4月16日 逝去

島津 忠夫(しまづ ただお、1926年9月18日 - 2016年4月16日
)は、日本の国文学者。専攻は中世文学、主に連歌・俳諧・和歌。大阪大学名誉教授。1978年大阪大学文学博士。論文の題は「連歌史の研究」博士論文書誌データベース。
大阪府大阪市出身。大阪府立住吉高等学校/住吉中学校、京都大学文学部卒業。大阪府立市岡高等学校/市岡高校、大阪府立住吉高等学校/住吉高校教諭、佐賀大学助教授、愛知県立大学、大阪大学、武庫川女子大学各教授を歴任。歌誌「マグマ」「日本歌人」に所属。現代歌人集会理事長も務めた。主要著作は『島津忠夫著作集』(全14巻・別冊一巻、和泉書院)に収められている。1998年、『和歌文学史の研究和歌篇・短歌篇』で第20回角川源義賞受賞。2007年春、瑞宝中綬章受勲。2008年、『島津忠夫著作集』ならびに過去の業績により第31回現代短歌大賞受賞。2008年には郡上市大和町 (岐阜県)/大和町に島津忠夫文庫が開設された。
*『頭註徒然草』飯田正一,山崎喜好監修 関書院 1954年 副読本双書

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら