インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

松木ひろし氏(脚本家)

2016年9月19日 急性白血病により逝去 ニュースソース

松木 ひろし(まつき ひろし、1928年11月16日 - 2016年9月19日)は、東京府出身の脚本家。本名は松木 弘。
東京府立第五中学校での友人に澁澤龍彥がいる『澁澤龍彦全集』第12巻588ページ。東京高等学校 (旧制)/旧制東京高校を卒業後、大学受験に失敗。鎌倉アカデミア夜間講座映画科で学ぶ。
自身の劇団を作って活動をしたのち、1950年に明治座の文芸部に入社。
1954年のニッポン放送の開局とともに同社に入社してラジオ番組の制作にたずさわる。同社に勤務しながら村田正雄 (3代目)/村田正雄、旭輝子、池田昌子、三田佳子らと劇団「現代劇場」を立ち上げる。1958年、同劇団にて上演した「娑婆に脱帽」の脚本が第4回新劇戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)の候補作品となる。
1958年のフジテレビジョン/フジテレビの開局にともない、出向して演出を担当。自らが演出していたコメディ『ぼうふら紳士』で一部の脚本を担当し、テレビ脚本家デビュー。その後、盛んに脚本を書くようになり、1961年に独立。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら