インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

田部井淳子氏(登山家)

2016年10月20日 腹膜ガンにより逝去 ニュースソース

田部井 淳子(たべい じゅんこ、1939年9月22日 - 2016年10月20日)は、日本の登山家。女性として世界で初めて世界最高峰エベレストおよび七大陸最高峰への登頂に成功したことで知られる。福島県田村郡三春町出身。既婚。一男一女あり。旧姓は石橋 「福島の歴史物語」ただいま(ブログ、2010年11月号)。
1939年9月22日、福島県田村郡三春町に生まれる。
三春小学校卒業。小学4年の時に那須の茶臼岳に登ったことが(一説には福島・安達太良山とも)登山家への意識の芽生えになったと言われている。
1962年、昭和女子大学英米文学科卒業。日本物理学会で学会誌の編集に従事しながら社会人の山岳会に入会し、登山活動に力を注ぐ。以後数年間、谷川岳や穂高岳でのクライミングに熱中した。1965年、佐宗ルミエと共に、女性ペアによる初めての谷川岳一ノ倉沢積雪期登攀に成功した(12月19-20日)山と渓谷社「目で見る日本山岳史」 および年表 (出典では1966年になっているが、「エベレスト・ママさん」では1965年となっている)。

ウィキペディアより)

公式サイト

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら