インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

佐伯孝夫氏(作詞家)

1981年3月18日 食道がんにより逝去

佐伯 孝夫(さえき たかお、1902年11月22日 - 1981年3月18日)は、日本の作詞家。
東京市出身。本名、和泉 孝夫(いずみ たかお)『「現代日本」朝日人物事典』ISBN 4-02-340051-3 朝日新聞社(東京)1990/12 716頁参照。
早稲田大学文学部仏文科卒業。在学中西條八十に師事し、その主宰する雑誌『白孔雀』『愛誦』に詩を発表していた。1931年に国民新聞社(現在の東京新聞社)入社、1937年には東京日日新聞(現在の毎日新聞社)へと移る。1939年、ビクターエンタテインメント/ビクターレコード専属作詞家となる。西條八十門下生の1人。
戦前は、佐々木俊一と組み、多くを灰田勝彦や小畑実 (歌手)/小畑実に作品を提供。戦後は、作曲家・吉田正とコンビを組み、『有楽町で逢いましょう』、『東京ナイト・クラブ』、『潮来笠』、『いつでも夢を』(第4回日本レコード大賞受賞曲)、『恋をするなら (橋幸夫の曲)/恋をするなら』など数々のヒット曲を生み出した。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら