インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

清水信氏(文芸評論家)

2017年2月7日 急性心筋梗塞により逝去 ニュースソース

清水 信(しみず しん、1920年11月20日『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.453 - 2017年2月7日 文芸評論家の清水信さん死去:朝日新聞デジタル - 2017年2月8日)は、日本の文芸評論家。本名は信(まこと)。
長野県出身。明治大学文芸科卒。大学時代には評論家・小林秀雄 (批評家)/小林秀雄の講義を受講した。卒業後、外務省事務官として北京の日本大使館に勤務。この間、中薗英助らと文芸同人誌『燕京文学』を創刊。また、最初の評論集『日曜手帳』(北京書房刊)を刊行。
戦後になると、三重県鈴鹿市で中学校の国語科教諭を務める傍ら、評論活動を続けた。「読みたい文学は、自分たちの手で書く。その発表の方法も、自分たちで作る」『北斗』創刊号 1949年発行という信念のもと、1949年に仲間4人で同人誌『北斗』を創刊主宰。『北斗』は現在も刊行されている。後に中部ペンクラブ顧問、三重文学協会会長などを務め、全国同人雑誌センターを主宰。また、斎藤緑雨賞の設立に尽力した。

ウィキペディアより)

1からのリテール・マネジメント 氷菓 (角川文庫) 愚者のエンドロール (角川文庫) 放射線ホルミシスで健康長寿 売れる仕掛けはこうしてつくる―成功企業のマーケティング 3冊の「ロング・グッドバイ」を読む―レイモンド・チャンドラー、清水俊二、村上春樹― (ソリックブックス) 琵琶湖を巡る鉄道: 湖西線と10路線の四季

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら