インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

白石裕氏(囲碁棋士)

2017年12月10日 右上葉扁平上皮がんにより逝去 ニュースソース

白石 裕(しらいし ゆたか、1941年(昭和16年)2月14日 - 2017年(平成29年)12月10日)は、日本の囲碁棋士 (囲碁)/棋士。愛媛県出身、関山利一九段門下、関西棋院所属、九段。関西棋院第一位決定戦優勝、名人 (囲碁)/名人戦リーグ3期・本因坊/本因坊戦リーグ3期など。詰碁創作を得意とする。娘の白石京子三段も囲碁棋士。
1953年に関山利一に入門。1956年入段。1961年五段。1973年九段。1976年名人戦リーグ入り、第1期棋聖戦九段戦優勝。1979年本因坊戦リーグ入り、日中囲碁交流日本代表団参加。1981年プロアマオープン戦優勝。1983年王座 (囲碁)/王座戦ベスト8。1985年碁聖/碁聖戦ベスト8。1986年名人戦リーグでは4勝4敗ながら、同率4名のため決定戦で陥落。1988年第1回富士通杯に関西棋院代表として出場してベスト8進出。1991年碁聖戦ベスト4、天元戦ベスト8。1992年碁聖戦ベスト8。1993年関西棋院第一位決定戦優勝。
1988年の日中スーパー囲碁で日本代表選手に選ばれたが、日本が7-2で勝ったため出番無しだった。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら