インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

岡井崇氏(産婦人科医・小説家)

2017年12月21日 肺がんにより逝去 ニュースソース

岡井 崇(おかい たかし、1947年8月6日 - 2017年12月21日)は、日本の医師、産婦人科医、小説家。昭和大学病院総合周産期母子医療センター長。医学博士(東京大学)。2007年に、無過失医療事故を世に問うミステリー小説『ノーフォールト』『ノーフォールト』早川書房、2007年、ISBN 978-4-15-208808-6を早川書房より上梓した。
1947年、和歌山県生まれ。大阪教育大学附属池田小学校、灘中学校・高等学校を経て、1973年東京大学大学院医学系研究科・医学部/東京大学医学部医学科卒業。東京大学医学部助教授、総合母子保健センター愛育病院副院長などを経て、2000年より昭和大学産婦人科学教室主任教授。この頃から、厚生労働省の「小児科・産科の若手医師の確保と育成に関する研究」の班員として産科医師不足の原因分析にあたり、産科医の過酷な労働条件と、それを敬遠する学生気質ならびに訴訟の多さに注目するようになる。

ウィキペディアより)

ノーフォールト(上)(ハヤカワ文庫JA) トライアングル デザイナーベイビー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA) ノーフォールト(下)(ハヤカワ文庫JA) 壊れゆく医師たち (岩波ブックレット) ノーフォールト ノーフォールト(上・下合本版) (ハヤカワ文庫JA) 標準産科婦人科学 (標準医学シリーズ)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら