インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

萩原遼氏(作家・フリージャーナリスト)

2017年12月22日 心不全により逝去 ニュースソース

萩原 遼(はぎわら りょう、1937年(昭和12年)- 2017年(平成29年)12月22日)は、日本のノンフィクション作家、フリーランス・ジャーナリスト。元しんぶん赤旗/赤旗記者。朝鮮民主主義人民共和国/北朝鮮に関する多くの著作や翻訳がある。本名:坂本 孝夫(さかもと たかお)。別のペンネームとして、渋谷 仙太郎(しぶや せんたろう)と井出 愚樹(いで ぐじゅ)を用いた。日本共産党の永年党員(党員歴30年以上)であったが、除籍された(後述)。
高知県高知市出身。立命館大学元教授で元『上方芸能』編集長の木津川計(坂本凡夫)は実兄。日本共産党大阪府羽曳野市元市議団長を務めた杉山弥生は実妹。

ウィキペディアより)

公式サイト

北朝鮮に消えた友と私の物語 (文春文庫) 告発~北朝鮮在住の作家が命がけで書いた金王朝の欺瞞と庶民の悲哀~ (かざひの文庫) 北朝鮮 金王朝の真実(祥伝社新書271) 朝鮮戦争―金日成とマッカーサーの陰謀 (文春文庫) 朝鮮学校「歴史教科書」を読む(祥伝社新書257) 北朝鮮に消えた友と私の物語 (文春文庫) ソウルと平壌 (文春文庫) 淫教のメシア・文鮮明伝 (1980年)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら