インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

柳家小蝠氏(落語家)

2018年1月12日 肺炎により逝去 ニュースソース

柳家 小蝠(やなぎや こふく)は、東京の落語家の名跡。現在は空き名跡。
* 後の三升家小勝 (5代目)/5代目三升家小勝。
** この間にもう1人いたとも思われる。
* 後の柳家小せん/2代目柳家小せん。
* 後の八光亭春輔/五明楼春輔。本名:小野誠一。
* 後の柳家蝠丸/2代目柳家蝠丸。
----
5代目柳家 小蝠(やなぎや こふく、本名:新井 淳一、1975年11月16日 - 2018年1月12日)は、群馬県高崎市矢中町出身の落語家。落語芸術協会所属。出囃子 (落語)/出囃子は『春雨のおくり』。
中学時代に落語に興味を持つ。
1994年5月、桐生大学附属中学校・桐生第一高等学校/桐生第一高校卒業後、立川談志/7代目立川談志に入門。前座名「志っ平」。
2001年、上納金の元金は収めたものの、罰金三倍付けの二倍分が払えなかったため、談志から破門される「落語芸術協会 祝真打昇進」 東京かわら版 487号 p10 2014年5月。その後、桂文治 (10代目)/10代目桂文治門下に移籍、「前助」に改名。
2004年、文治没後、兄弟子2代目柳家蝠丸預かり弟子になる。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら