インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

西部邁氏(評論家・経済学者)

2018年1月21日 溺死により逝去 ニュースソース

西部 邁(にしべ すすむ、1939年(昭和14年)3月15日 - 2018年(平成30年)1月21日)は、日本の保守派の評論家、経済学者(学位は修士)。雑誌『表現者 (雑誌)/表現者』顧問、元東京大学大学院総合文化研究科・教養学部/東京大学教養学部教授(社会経済学専攻)。
1939年(昭和14年)、北海道の南部に位置する山越郡長万部町に生まれるの巻末に西部の詳細な経歴が掲載されている。また西部は『寓喩としての人生』(徳間書店、1998年)という自伝を公表している。父は夕張郡長沼町の浄土真宗派の末寺の末男で農協職員。札幌郡厚別の信濃小学校、札幌市立柏中学校、北海道札幌南高等学校に進学。高校卒業まではカール・マルクス/マルクスもウラジーミル・レーニン/レーニンもヨシフ・スターリン/スターリンも毛沢東も知らぬノンポリであった。18歳まで重症の吃音症/吃音であり、ほとんど何も喋らずに生きていた。1957年(昭和32年)、東京大学を受験するが不合格となり、一年間の浪人生活を送る。

ウィキペディアより)

保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱 (講談社現代新書) 西部邁 最後の思索「日本人とは、そも何者ぞ」 ファシスタたらんとした者 流言流行への一撃 西部邁18年の軌跡 I (ベストセレクト) 保守の遺言:JAP.COM衰滅の状況 (平凡社新書) 西部邁 自死について 妻と僕 寓話と化す我らの死 昔、言葉は思想であった ―語源からみた現代

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら