インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

一陽斎蝶一氏(奇術師)

2018年1月24日 低酸素血症により逝去 ニュースソース

一陽斎 蝶一(いちようさい ちょういち、1927年5月20日 - 2018年1月24日)は、日本のマジシャン (奇術)/奇術師である。本名、湯浅 加爽(ゆあさ かぞう)。
大阪府大阪市生まれ。吉本興業所属。
戦後の在学中より木村マリニーに師事していたが1953年に兄弟子の保田春雄のドラゴン魔術団入り、1955年からは3代目一陽斎正一の門下になった。イリュージョン (奇術)/イリュージョンを中心とした舞台構成の中にコミカルさを取り入れた奇術/マジックが定番。舞台上での失敗談は讀賣テレビ放送/読売テレビの人気深夜番組として放送された「鶴瓶・上岡パペポTV」で暴露されて以来、一部の者の間で語り草となっている。
晩年は高齢であまり活動していなかった。
弟子には松竹芸能所属のミッチー純がいる。
2018年1月24日、低酸素血症のため死去。90歳没。
七色の鳩事件

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら