インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

都家歌六氏(落語家・ミュージックソー演奏家)

2018年3月31日 老衰により逝去 ニュースソース

都家 歌六(みやこや うたろく)は、落語家の名跡。8代目が2018年に死没したため、現在は空き名跡。
* 初代都屋歌六(都川歌六とも) - (生没年不詳)元は西久保神谷町の御家人で、初め都々逸坊扇歌/初代都々逸坊扇歌の門で扇我、『噺連中帳』(天保6年)にはすでに歌六で見える。浮かれ節謎合せに長じていた。通称「権中納言」。没年齢不詳。本名は畔柳藤二兵衛。
* 2代目都家歌六 - (文政8年4月8日(1825年5月25日) - 没年月日不詳)音曲師。本名は松本兼吉。最初は柳亭左楽#2代目/2代目柳亭左楽の門で語楽から清我となり『諸芸人名録』(1875年)にはすでに歌六で見える。明治30年代初めまでの番付に見える。通称「兄ィ」。没年齢不詳。
* 代数未詳 - 上記の当一人物かどうか不明、七昇亭花山文(代数不明)の弟子で小亀から菜の花家双蝶で上方で修行、3代目都々逸坊扇歌門下で歌六になった。1902年8月8日に横浜新富亭に出演中68歳で亡くなったという歌六が同一人物だという説もある。
* 3代目都家歌六 - 後の雷門助六#6代目/6代目雷門助六。本名は青木鏡太郎。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら