インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

ラヨ・デ・ハリスコ氏(覆面レスラー)

2018年7月19日 老衰により逝去

ラヨ・デ・ハリスコ(Rayo de Jalisco、1932年11月22日 - 2018年7月19日)は、メキシコシティ出身の覆面レスラー。「稲妻仮面」の異名を持つ。本名はマキシモ・リナレス・モレノ(Máximino "Max" Linares Moreno)。兄弟にはトニー・シュガー、ブラック・シュガー、息子はラヨ・デ・ハリスコ・ジュニア、孫はレイマン事イホ・デル・ラヨ・デ・ハリスコ・ジュニア。妻もレスラーだった。甥にはウルトラ・ラヨ、ミステル・ラヨ、ラヨ・スターがいる。
18歳の時にイダルゴ州トゥランシンゴに移り住む。ディアブロ・ベラスコジム出身。1950年2月にミスター・ミステリオの名でデビュー。その後アギラ・ネグラと改名、トレオンに住み、兄弟のトニー・シュガー等と共にトレーニングを積み、1954年8月にはドクトル・カーチス、1957年にはトニー・カーチス、その後エル・ラヨとリングネームを変え、1958年3月にはラヨ・デ・ハリスコで登場。ラヨ・デ・ハリスコとは日本語でハリスコ州の稲妻の意味がある。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら