インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

小田裕一郎氏(作曲家・編曲家)

2018年9月17日 心筋梗塞により逝去 ニュースソース

小田 裕一郎(おだ ゆういちろう、1950年3月25日 - 2018年9月17日)は、日本の作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。鹿児島県出身。
10歳のころからギターを始め、プロ・ギタリスト(スタジオミュージシャン)として「ザ・ジョーカーズ」など20以上のバンドで活動。
1970年代に入ると、ゴダイゴのプロデューサー・ジョニー野村のもとでオリジナル楽曲の制作をはじめ、1977年にガールズ (日本のバンド)/ガールズに提供した「野良猫」で作曲家デビューする。
1979年、サーカス (歌手)/サーカスに提供した「アメリカン・フィーリング」が約48万枚のヒット。以降、石川優子や田原俊彦、松田聖子、石川秀美などアイドル・ポップス歌手に楽曲を提供。特に松田聖子は、「裸足の季節」や「青い珊瑚礁」などデビュー直後から多くの楽曲を手がけている。
1984年にはアルバム『ODA』を発表し、自身もアーティストとしてデビュー。作詞家として「クロエジュン」のペンネームを使うこともあった。

ウィキペディアより)

公式サイト

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら