インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

ウォルター・ラカー氏(歴史学者)

2018年9月30日 逝去

ウォルター・ラカー(Walter Zeev Laqueur、1921年5月26日 - 2018年9月30日)は、アメリカ合衆国の歴史学者。専門は、ロシア、ドイツを中心としたヨーロッパ現代史、中東現代史。またテロリズム研究でも知られる。
ドイツのブレスラウ(現在のポーランド・ヴロツワフ)のユダヤ系家庭に生まれる。1938年、イギリス統治下のパレスチナに移住。その後、イギリスおよびアメリカ合衆国に渡り、ブランダイス大学教授、ジョージタウン大学教授を歴任。1994年までホロコースト研究で知られる:en:Wiener library/ウィーナー図書館現代史研究所所長を務めた。
* ''Communism and Nationalism in the Middle East'', (Routledge & K. Paul, 1956, 2nd ed., 1957, 3rd ed., 1961).
: 武田信一・二宮信親訳『中近東の内幕――ナセルへの道』(角川書店, 1958年)
* ''The Soviet Union and the Middle East'', (Routledge & K. Paul, 1959).
* ''Young Germany: A History of the German Youth Movement'', (Basic Books, 1962).
: 西村稔訳『ドイツ青年運動――ワンダーフォーゲルからナチズムへ』(人文書院, 1985年)
* ''Russia and Germany: A Century of Conflict'', (Little, Brown, 1965).

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら