インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

佐々淳行氏(警察・防衛官僚)

2018年10月10日 老衰により逝去 ニュースソース

佐々 淳行(さっさ あつゆき、1930年12月11日 - 2018年10月10日)は、日本の警察庁/警察・防衛省/防衛官僚。危機管理評論家。

熊本県出身の政治学者で、後に参議院/参議院議員などを務めた佐々弘雄の次男として、東京市麻布区(現・東京都港区 (東京都)/港区)に生まれる。戦国武将・佐々成政の末裔の家系でもある。
6歳のとき自宅近くで二・二六事件が発生。その戒厳下の体験が危機管理人生の出発点となったという。その後、ゾルゲ事件の際に疑われることを恐れた父の持ち物を焼き、のちの大東亜戦争(太平洋戦争)になると父親が特高に怪しまれるようになるが、逮捕はされなかった。
成蹊高等学校 (旧制)/旧制成蹊高等学校を経て、1954年(昭和29年)3月に東京大学東京大学大学院法学政治学研究科・法学部/法学部政治学部/政治学科を卒業。東京大学在学中は、学生研究会土曜会の中心メンバーとして活動し、若泉敬、粕谷一希らと交流を持った。

ウィキペディアより)

公式サイト

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら