インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

江口徹氏(素粒子物理学研究者)

2019年1月30日 心不全により逝去 ニュースソース

江口 徹(えぐち とおる、1948年2月 - 2019年1月30日https://www.asahi.com/articles/ASM223JWJM22UBQU00D.html 東大名誉教授の江口徹さん死去 素粒子論研究:朝日新聞デジタル)は、日本の素粒子物理学研究者、東京大学名誉教授。京都大学基礎物理学研究所元所長。
茨城県土浦市生まれ。2009年、「数理物理学的な手法による素粒子論の研究」により恩賜賞 (日本学士院)/恩賜賞・日本学士院賞を受賞。
*1970年3月 - 東京大学大学院理学系研究科・理学部/東京大学理学部卒業
*1975年
**3月 東京大学大学院理学系研究科・理学部/東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。「Duality constraints and the baryon spectrum(二重性の制約と重粒子スペクトル)」
** シカゴ大学、スタンフォード大学研究員
*1978年11月 - シカゴ大学助教授
*1981年11月 - 東京大学理学部助教授
*1991年11月 - 東京大学理学部教授
*2007年4月 - 京都大学基礎物理学研究所所長
*2012年4月 - 立教大学理学研究科特任教授
* 岩波講座 物理の世界 素粒子と時空〈5〉素粒子の超弦理論(岩波書店 2005年)ISBN 978-4000111454

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら