インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

到津伸子氏(画家・エッセイスト)

2019年1月30日 膵臓がんにより逝去 ニュースソース

到津 伸子(「いとず のぶこhttps://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00377113」、もしくは「いとうづ のぶこ」、1947年 - 2019年1月30日)は、日本の画家、エッセイスト。
東京都生まれ。父は朝日新聞記者の到津十三男(とみお、1912年-)https://twitter.com/Chisaka_Kyoji/status/472014660107902976。東京芸術大学美術学部卒業。その後渡仏し、1977年パリで個展を開き、パリ・東京を拠点に活動。2003年エッセイ『不眠の都市』で講談社エッセイ賞を受賞。
*『パリ・メランコリア 光と匂いと色彩と…発光する街のレシ』三五館 1995
*『画家猫カーチヤ』絵・文 アートデイズ 1998
*『不眠の都市』講談社、2002
*『昭和モダンの器たち』佐藤由紀子,クニエダヤスエ,泉麻人,赤堀正俊共著 平凡社 コロナ・ブックス 2006


Category:日本の女性画家
Category:日本の随筆家
Category:東京芸術大学出身の人物
Category:東京都出身の人物
Category:講談社エッセイ賞受賞者
Category:1947年生

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら