インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

飯田隆昭氏(英文学者)

2019年5月12日 肺がんにより逝去 ニュースソース

飯田隆昭(いいだ たかあき、1936年1月15日 - 2019年5月12日)は、英文学者、翻訳家。三重大学・大東文化大学名誉教授。
東京生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了。三重大学助教授、教授をへて、2001年定年、名誉教授、大東文化大学教授となり、2006年定年退任、名誉教授。
アメリカ合衆国/米国20世紀の詩が専門。ウィリアム・S・バロウズ、フィリップ・K・ディックなど、前衛的な文学及びSFの翻訳もした。山形浩生は飯田の翻訳を批判して、飯田訳作品の改訳を行っている。
2019年5月12日、肺がんのため東京都中野区の病院で死去。83歳没。
*『日本語になった外国語辞典』山本慧一共編 集英社、1983
*E・E・カミングス『巨大な部屋』思潮社、1963 現代の芸術双書
*ウィンダム・ルイス『ブルジョワ・ボヘミアンたち』思潮社、1966 現代の芸術双書
*ウイリアム・バロウズ,アレン・ギンズバーグ『麻薬書簡』諏訪優共訳 思潮社、1966 現代の芸術双書

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら