インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

チャールズ・A・ライク氏(法律家・著作家)

2019年6月15日 逝去

チャールズ・A・ライク(Charles A. Reich、1928年5月20日 - 2019年6月15日)は、アメリカ合衆国の法律家、社会科学者、著作家で、イェール・ロー・スクールの教授であった1970年に、と若者の運動を讃えたピーアン(讃歌)の書『緑色革命 (書籍)/緑色革命』を書いた。この本の一部は、雑誌『ザ・ニューヨーカー』に最初に掲載され、それに対する極めて大きな反響もあって、同書は『ニューヨーク・タイムズ』紙の週刊付録『』のの首位に立った。
ライクはニューヨーク市に生まれた。とに学び、オーバリン大学の学士課程に学んだ。法学校の学生として、1951年から1952年にかけて『'':en:Yale Law Journal/Yale Law Journal''』の編集長を務め The Yale Law Journal, May 1952, 6 (5)、1953年から1954年にかけての学期には合衆国最高裁判所判事の下で事務職員として働いた。学界に進む前に、6年間にわたって弁護士として活動し、ニューヨークの:en:Cravath, Swaine & Moore/Cravath, Swaine & MooreやワシントンD.C.の:en:Arnold & Porter/Arnold & Porterといった大きな事務所に所属した。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら