インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

竹市明弘氏(哲学者)

2019年6月15日 逝去

竹市 明弘(たけいち あきひろ、1933年11月28日 - 2019年6月15日)は、日本の哲学者、京都大学名誉教授。
愛知県一宮市出身。京都大学大学院文学研究科・文学部/京都大学文学部哲学科卒業、同大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了。関西大学助教授、同教授、京都大学教養部助教授、同教授、1991年に同総合人間学部教授、同環境・人間学初代研究科長を歴任。1997年に定年退官、同時に名誉教授称号授与。その後、岡崎学園国際短期大学学長と改組および校名変更後の人間環境大学学長を歴任。アウクスブルク大学名誉博士『現代日本人名録』。2017年4月、瑞宝中綬章を受章。
*『解釈学の課題と展開 解釈学の理論的発展と具体的適用』梅原猛共編 晃洋書房 1981
*『哲学とはなにか その歴史と可能性』常俊宗三郎共編 勁草書房 1988
*『カント哲学の現在』有福孝岳、坂部恵共編 世界思想社 哲学の現在 1993
*『心とコミュニケーション 精神環境の探求』渡辺雄三、早川勇共編 勁草書房 人間環境学シリーズ 1999

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら