インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

笑福亭鶴志氏(落語家)

2020年5月8日 心不全・腎不全により逝去 ニュースソース

笑福亭 鶴志(しょうふくてい かくし、1955年8月24日 - 2020年5月8日)は、日本の落語家。本名は冨松 和彦。出囃子 (落語)/出囃子『鞍馬』。大阪市出身。四條畷市在住。
File:Gomaisasa.svg/thumb/150px/五枚笹は、松鶴一門/笑福亭一門の定紋である
龍谷大学付属平安中学校・高等学校/平安高等学校時代は野球部の捕手。
1974年6月5日に笑福亭松鶴 (6代目)/6代目笑福亭松鶴に入門。高座名を決める際、当初は「鶴枝」の予定だったが松鶴の犬の散歩に行っている20分の間に「鶴志」に変わり「鶴枝」の名は幻となった。その師匠・松鶴の内弟子時代が長く、また師匠の専用運転手を務めていた。その当時の話を枕 (曖昧さ回避)/枕に使うことがあった。
1975年に大須演芸場(愛知県名古屋市)にて初舞台を踏むが、上方落語家としては異例の関西以外での初舞台であった。ちなみにその時の演目は「つる (落語)/つる」。
2018年に肝臓癌に罹患し、肝臓の半分を切除摘出する大手術を受けるも驚異的回復を見せて高座復帰を果たしていた。

ウィキペディアより)

公式サイト

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら