インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

佐江衆一氏(小説家)

2020年10月29日 肺腺がんにより逝去 ニュースソース

佐江 衆一(さえ しゅういち、1934年1月19日 - 2020年10月29日)は、日本の小説家。第9回新田次郎文学賞受賞。
本名は柿沼 利招(かきぬま・としあき)。東京府東京市浅草区栄久町(現:東京都台東区蔵前4丁目)の「柿沼質店」の次男として出生。2日前に4歳の兄が急性肺炎で急死していた。母の乳が出ず乳母の乳を飲み、兄の生まれ代わりとして大事に育てられ病弱。質店には浅草公園六区/浅草六区の芸人・歌手・踊り子・劇場の客引き・アドバルーン揚げや両国 (東京都)/両国の相撲取りや下町の苦学生等の庶民の客が来て、それらの話を盗み聞きしてマセた子として育つ。1940年精華小学校入学。1944年9月宮城県白石町 (宮城県)/白石町(現・白石市)へ学童集団疎開。家は1945年の東京大空襲で焼失。敗戦を栃木県の母の実家で迎え、1946年穂積村小学校卒業。県立栃木中学校入学。翌年、茨城県古河市に転居。1952年栃木県立栃木高等学校卒業。東京・日本橋 (東京都中央区)/日本橋の丸善に入社。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら