インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

水原理枝子氏(バレーボール選手)

2018年3月6日 逝去

水原 理枝子(みずはら りえこ、現姓・伊藤 - 2018年3月6日)は、鳥取県鳥取市出身の日本の女子バレーボール選手。
中学1年よりバレーボールを始め、鳥取敬愛高等学校/鳥取家政高校を経て1975年、日本リーグのユニチカ・フェニックス/ユニチカ貝塚(当時)に入部。
1977年、バレーボール全日本女子/全日本入りを果たし1977年のバレーボールワールドカップ/ワールドカップでは金メダルを獲得した。
1980年、1980年モスクワオリンピックのバレーボール競技/モスクワオリンピック出場メンバーに選出されたが、西側諸国のボイコットによりオリンピック出場は幻となった。翌年のワールドカップでは主力選手として銀メダル獲得に大きく貢献した。
一方で、日本リーグでは敢闘賞1回、ベスト6賞3回などを獲得し日本リーグ通算記録のアタック部門でベスト10入りしている。ユニチカ監督の吉田国昭は、「サウスポーアタッカーとして大選手の域に到達した、攻守のかなめとなる貴重な存在」と評している月刊バレーボール 1982年1月号臨時増刊 '82チームの顔 84ページ(日本文化出版刊)。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら