インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

イェンス・スコウ氏(化学者)

2018年5月28日 逝去

イェンス・スコウ(Jens Christian Skou、1918年10月8日 - 2018年5月28日)は、デンマークの化学者。ナトリウム-カリウムポンプに関する研究に対して、1997年にノーベル化学賞が授与された。
スコウはデンマーク中央ユラン地域のレムビの町の裕福な家庭に生まれた。父親のマグヌス・マルティヌス・スコウは木材と木炭を扱う事業を興し、母のアン・マーグレーテ・スコウは父の死後その事業を受け継いだ。
スコウは15歳の時にジーランド島のハスレブにある全寮制学校に入校した。1944年にはコペンハーゲン大学薬学部を卒業し、1954年に博士号を取得した。1947年からはオーフス大学で働き始め、1977年に生物物理学の教授に任じられた。1988年に退職してからもオーフス大学にオフィスを持っている。
1997年に、Na+/K+-ATPアーゼ(ナトリウム-カリウムポンプ)の発見の功績によってポール・ボイヤー、ジョン・E・ウォーカーとともにノーベル化学賞を受賞した。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら