インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

窪田空穂氏(歌人)

1967年4月12日 逝去

窪田 空穂(くぼた うつぼ、1877年(明治10年)6月8日 - 1967年(昭和42年)4月12日)は、日本の歌人、国文学者。日本芸術院会員。本名は窪田 通治。息子に、同じく歌人の窪田章一郎がいる。
長野県東筑摩郡和田村 (長野県東筑摩郡)/和田村(現・松本市和田 (松本市)/和田)生まれ。長野県尋常中学校(現長野県松本深志高等学校)から早稲田大学文学学術院/東京専門学校文学科に進学するも、一度中退。代用教員として働いていたときに校長の影響で作歌を始める。太田水穂と親交を持つようになり、和歌同好会「この花会」を結成。1899年に創設された東京新詩社に参加。1900年(明治33年)より、与謝野鉄幹選歌の「文庫」に小松原春子の女性名を用いて投稿をする。鉄幹から勧誘され「明星 (文芸誌)/明星」にも参加。高村光太郎や水野葉舟らと親交を持った。しかし、鉄幹の壮士志向と与謝野晶子/晶子の奔放な恋愛の歌ともに共鳴することができず、一年後に退会している。その後、東京専門学校に復学して1904年に卒業。

ウィキペディアより)

窪田空穂氏のお墓(東京都豊島区 雑司ヶ谷霊園)

※ピンの位置は目安です。参拝の際は必ずご自身で詳細な場所をお確かめください。

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら