インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

古井由吉氏(小説家)

2020年2月18日 肝細胞癌により逝去 ニュースソース

古井 由吉(ふるい よしきち、1937年11月19日https://kotobank.jp/word/%E5%8F%A4%E4%BA%95%E7%94%B1%E5%90%89-621684 古井由吉(フルイヨシキチ)とは - コトバンク - 2020年2月18日)は、日本の小説家、ドイツ文学者。いわゆる「内向の世代」の代表的作家と言われている第一学習社「改訂版 新編日本文学史」184ページ。代表作は『杳子』、『聖』『栖』『親』の三部作、『槿』、『仮往生伝試文』、『白髪の唄』など。精神の深部に分け入る描写に特徴があり、特に既成の日本語文脈を破る独自な文体を試みている日立システムアンドサービス「百科事典 マイペディア」。
東京府東京市出身。港区立白金小学校から港区立高松中学校/同高松中学校を経て、1953年4月、獨協中学校・高等学校/獨協高校に入学。隣のクラスに美濃部強次(古今亭志ん朝)がいた。同年9月、東京都立日比谷高等学校/都立日比谷高校に転校。同級生に尾高修也や塩野七生、福田章二(庄司薫)がいた。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら